第一印象を決めるのは目

診察

しっかり情報収集を

目は顔の第一印象を決める大きな要因となります。そのため現在一重の人にとってはコンプレックスとなり、なんとかして解消したいと考える人も少なくありません。そんな人におすすめなのが二重整形ですが、なぜ利用する人が多いのか、その人気の理由はなにかについて事前に知っておくと良いでしょう。まず最も大きい理由として挙げられるのが手軽さです。通常整形というと事前に予約を行い、その日の体調に気をつけた上、長時間に渡る手術を受けて術後の対策もしなければならないと大きな負担になってしまうと考えてしまう人は大勢居ます。しかし二重整形はそんなことはありません。方法としてメスを使わないものと使うものがあり、前者の場合早ければ10分ほどで手術が終わってしまうのが特徴です。そのため仕事帰りや休みのときに簡単に手術を受けることができ、また顔や瞼に対する負担も軽いため、メスを使う二重整形に比べると、痛みや腫れの続くダウンタイムと呼ばれる期間が非常に短いというのも大きなメリットです。一方でメスを利用する二重整形も人気です。確かにメスを利用しない方法に比べるとデメリットとも言える部分はありますが、その分効果も高く、自身が理想とする目の形を作りやすいのも人気の理由の一つです。最近では手術後のアフターサポートに力を入れているクリニックも多いため、ダウンタイム中のケアもしっかり行ってくれます。このようにそれぞれどちらの方法においても人気の理由はしっかり存在するため、自身の予算や希望する条件に照らし合わせ、選択すると良いでしょう。二重整形の特徴はそれぞれの方法ごとに大きく変わります。まずメスを利用しない埋没法と呼ばれる二重整形についてですが、その名の通り医療用の糸を利用して瞼に埋め込み、形を固定することで二重に見せるという手術のことを指します。自身が希望とする二重の形も選択することができ、また医療用の糸なので非常に細く、瞼への負担が小さいだけでなく、時間経過とともに体組織に溶け込むため、抜糸しなくても良いという特徴があります。施術を一回受けるだけで、ダウンタイムの影響が小さければ通院しなくて良いのも魅力です。しかし一方で注意点として、皮膚のたるみが強い人などはきれいな二重を作ることが難しく、埋没法を選択するメリットが小さくなることがあります。また前述の通り糸が溶けてしまうと二重から一重に戻ってしまうことがあり、半永久的に二重を維持することが難しいことなどもデメリットとして挙げられます。次にメスを利用する切開法についてですが、瞼の皮膚や脂肪を切開して取り除くため、埋没法と違い、まず元に戻らないという特徴があります。そのため一度切開法を受けることで、今後何らかのトラブルが起きない限りは再度手術をうけること無く二重を維持することが可能です。また埋没法より二重のラインをくっきり作ることが可能です。一方でダウンタイムが非常に長く、抜糸をしない場合は2週間前後腫れが続くこともあります。また当然ながら元に戻すことはできないため、しっかり考えて二重整形を受ける必要があります。上記のメリットだけでなくデメリットについてもしっかり比較検討し、二重整形を受けることをおすすめします。