理想の目元をつくれる施術

顔に触れる女性

施術の方法による違い

目が小さく見える、きつい印象に見えるなど、自分の目元に悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。毎日メイクで目を大きく見せるのも結構大変です。しかも上手くメイクが出来れば良いのですが、その日によって仕上がりも違いますし、お風呂に入れば取れてしまいます。そこでおすすめするのが二重整形です。施術を受けることで憧れの大きな瞳もつくれてしまうので大変おすすめです。施術を受けたい人はまずカウンセリング予約をしましょう。予約は電話での予約やホームページから申し込むことが可能です。そこでカウンセリング希望日など伝えていきます。カウンセリング当日に施術を受けることが出来る場合もあるので、希望であれば予約する際に一緒に伝えましょう。また、当日はカウンセリングだけで後日施術を受けるという方は後から申し込みをすることが出来ます。二重整形の施術を受ける際の申し込み方法は簡単です。ただし重要なのがクリニック選びです。やはり施術を受けるならば腕の良いドクターがいるクリニックで施術を受けたいと誰もが思うでしょう。そこで予約をする前に、自分が気になるクリニックをいくつかピックアップして下調べをしておきましょう。下調べをする際はクリニックの評判は良いのか、どの様な施術方法なのか口コミサイトやホームページなどしっかりチェックしておきましょう。やはり評判が悪いクリニックはそれなりの理由があるはずです。料金が安いからと安易な考えでクリニックを選んでしまうと後で後悔することになってしまうかもしれないので注意しましょう。では実際に二重整形をする場合の施術方法について紹介していきましょう。まず糸で留めるだけの簡単な施術で行える埋没法があります。埋没法は医療用の極細の針と糸を使用して行う施術ですが、クリニックによって瞼板法や挙筋法など糸の留め方が違ってくるので、事前にホームページなど参考にしておきましょう。また、埋没法の費用相場は約10万円程度と二重整形の中ではリーズナブルになっています。切開法の様に必ずしも永久的に二重を維持することが出来るという訳ではありません。瞼に厚みがある人などは糸が緩みやすく、人によっては数年で取れてしまう場合もあります。その場合は再施術を受けることでまた二重をつくることが出来るでしょう。また、仕上がりに満足がいかない場合も元に戻すことが出来る施術です。メスを使って二重ラインをつくる方法が切開法です。切開法は全切開と部分切開の二つの方法があります。全切開は目頭から目尻まで切開をする方法ですが、瞼に厚みがある方でも切開すると同時に余計な脂肪も処理しながらラインをつくっていくので、瞼の厚みもすっきり落してきれいな二重をつくることが出来るでしょう。相場は約30万円程度ですが、永久的に二重を維持することが出来る施術です。部分切開は全切開よりも短い範囲を切開する方法です。瞼にしっかり脂肪がついている方は全切開がおすすめですが、それ程ついていないので少し取り除けば大丈夫程度の人にはこちらの方法がおすすめです。切開する範囲が小さい分、全切開よりもダウンタイムを少なくすることが出来ます。相場は約25万円から30万円程度にいなっています。ぜひ自分に合った施術を見つけましょう。