施術法はふたつある

目元

内容を比較して選ぶ

二重整形の施術法は大きく分けると埋没法と切開法に分けられます。このふたつの方法の大きな違いはメスを使うかどうかです。メスを使って皮膚に切り込みを入れて、まぶたの折り目をつける方法が切開法です。皮膚を切って二重をつくるので、確実に二重を作ることができる方法で、一度行うと一生二重を持続させることができます。今後まぶたの状態を2度と帰ることはないという決意がある人に向いている方法で、切開を入れる場所で二重の幅なども調節することができます。術後しばらくは切開をした部位が腫れるので傷跡が多少目立ちますが、徐々にわからなくなり最終的には顔をしっかりと見ても二重整形をしたかどうかわからない程度まで目立たなくなります。これは二重の折り目部分に傷跡が重なるからできることで、もともと二重の人にあるようなまぶたのシワに見えるので手術をしたことが人にばれることがありません。特に腕の良い医師が執刀した場合には、間近で見ても施術を受けたかどうか判断できないというレベルまで綺麗になります。もうひとつの方法が埋没法ですが、これはメスを使わずに糸でとめて、まぶたに折れ目をつける方法です。そのため、傷跡はほとんどなく施術直後の腫れも少なくて済むと言うメリットがあります。糸を通す場所によって二重の形を変えることができますが、加齢によりまぶたがたるんでくると二重がはっきりとしなくなってしまうこともあるというのがデメリットです。それ以外にも、目がかゆい時などにまぶたを強くこすると、糸が外れてしまうことがあり、一重に戻ってしまうリスクもあります。二重整形は整形手術の中で比較的簡単な手術だと言われているので、大きな事故になるようなリスクはそこまで大きくはありません。しかし、目に折り目をつけるという施術を行うだけでも、目の周囲の解剖生理を熟知している必要があります。それに加えて狭い場所の施術を行う繊細な技術力も必要です。そのため、だれでも行えるほど簡単な施術ではなく、確かな技術をもつ医師に執刀してもらうことが成功の秘訣です。ホームページなどで情報を集めると、クリニックの医師の経歴や今までの施術例などをみることができるので、そういったものを参考にすると良いでしょう。しかし、それだけでは不十分なので口コミサイトも活用して実際に利用したことがある人の経験談も調べておきます。色々な情報を総合して安心して任せられると判断した医師のいるクリニックを選びましょう。もうひとつ大切なことは、話がしやすい医師かどうかということです。施術を受ける前には必ずカウンセリングがあり、直接医師と話をする機会があります。その時に高圧的な態度の医師や、質問がしにくいと感じる医師だった場合には、他の医師と交代をしてもらうこともできます。またはクリニック自体を変えるという選択肢もあります。カウンセリングを受けても必ず施術を受けなくてはいけないわけではないので、初めから数か所の予約をとっておきカウンセリングの内容を参考にどのクリニックで施術を受けるのかを決めるという人もいます。後悔をしないようにするためには、二重整形を受ける前の段階で十分に比較しておくことが大切です。

顔に触れる女性

理想の目元をつくれる施術

二重整形には埋没法と切開法があり、それぞれ施術の方法やダウンタイムなど異なります。また費用相場も異なる為、評判の良いクリニックを見つけることが大切です。申し込み方も電話やネットから申し込み出来るので、事前にカウンセリング予約を入れましょう。

詳しく見る

医者

他の施術も考慮する

二重整形はまぶたに折れ目を御つけるだけでなく、他の施術も同時に受けたほうが仕上がりがよくなることがあります。また保険適応になっていないので、かかる金額は施術を受ける前にしっかりと把握し、無理のない範囲で治療を受けましょう。

詳しく見る

診察

第一印象を決めるのは目

二重整形が人気の理由として、埋没法と切開法といったように複数の方法から選択できる事が挙げられます。それぞれ大きなメリットがある一方でデメリットもしっかり存在するため、それぞれのポイントを比較検討し、二重整形を受けることをおすすめします。

詳しく見る